OJTの社員研修は誰でも講師になれる

新入社員が入ってきたとき、新入社員研修を行うでしょう。
社内で行うときもあれば最近は社外の教育サービスを利用するところも増えています。
それは社内において教育を行う担当者を育てたり保有する余裕がないからかもしれません。
大企業なら人事部等が担当しますが、中小企業だと人事部がないところもあり労務管理を経理部などが兼務することがあります。
教育を専門的に行うには一定の知識が必要ですし、それなりに教育を行う能力も必要になります。
OJTと呼ばれる社員研修がありますが、こちらのメリットは誰でも講師になれる点が挙げられます。
既に会社で仕事をしている人は、自分の行っている仕事はできます。
後輩を引き連れて、自分の仕事をすればそれで教育になります。
実際には後輩にわかりやすく教えたりサポートしたりが必要になるので多少は教育の知識は必要でしょうが、新入社員に社会人としてのマナーを教えるほどの知識は必要ありません。
年齢が近い人などが選ばれることが多いようです。