社員研修の形態とそれぞれのメリット

一口に社員研修と言っても、その形態は様々でそれぞれに異なるメリットを持っています。
例えば、自社内で行なわれる研修の場合、自社特有の内容を扱うことができます。
その中には、自社に浸透している考え方や仕事の進め方、理念教育などが含まれます。
このような社内研修のメリットは、とにかく自社とその仕事について十分な理解を得られるということです。
社員研修のもう一つの形態は社外研修と呼ばれるもので、委託された外部の機関によって行なわれるのが特徴です。
この種の研修では、自社内の人とは異なる価値観に触れる機会となるため、社内にはない発想やスキルを身に着けることができるというメリットがあります。
受講する側にとっても、外部の講師の話はより一層真剣に耳を傾けやすくなり、それだけ多くのものを習得できるでしょう。
このように社内研修と社外研修にはそれぞれ異なるメリットが存在するため、両方を上手に組み合わせて社員研修を行なう会社も多くなっています。